印刷のオズプリンティング
メディアユニバーサル協会会員
小 中 大
 
HOME >> ガイド&ヘルプ >> 入稿ガイド

印刷ならOZ

 
スタッフブログ
 
ガイド&ヘルプ
見積もり依頼
お客様の声
会社案内
ユニバーサルデザイン
スタッフブログ
 
業種別オススメの印刷物
 
目的別 Information
 
営業カレンダー

入稿ガイド

完全データでの入稿時に関する注意点をご説明いたします。
◆入稿前の簡易データチェック
ご注文の仕上がりサイズとデータのサイズはあっていますか?
フォントは全てアウトライン化されていますか?
データに上下左右3mmずつ塗り足しを作成していますか?
カラーモードはCMYKになっていますか?
出力見本のJPG、又は紙カンプ(プリントアウトした物)がついていますか?
仕上がりトンボはついていますか?(フィルタ→クリエイト→トリムマークで作成して下さい。)
◆データ入稿についての注意点
[入稿データ]
ご使用のOS、アプリケーション、バージョンをお伝え下さい。
完全データが基本となっております。入稿前に必ず最終チェックをお願いいたします。
仕上がり状態が確認できる出力紙、もしくは画像データ(JPEG)を併せてお送り下さい。(最終的な確認作業に使用します。)
入稿データは必ずバックアップをとってください。
 
[入稿方法について]
メール添付の場合は、「data@ozp.jp」までご送信下さい。
10MBを超えるデータに関しましては、メールではなく、弊社サーバーへの入稿もしくは郵送にての入稿をお願いします。
サーバーへの入稿につきまして、事前にメールまたはお電話にてその旨をご連絡下さい。こちらから、サーバーのURL、ID、パスワードをご連絡させていただきます。
 
[対応可能アプリケーション]
Adobe Illustrator 8(推奨)、9、10、CS
Adobe Photoshop 5.5、6、7、CS
InDesign/MS Office(Word・Excelなど)/一太郎 等のご入稿は、ご相談下さい。
最新バージョンの対応につきましては、お問い合わせ下さい。
 
[フォント(文字)について]
使用しているフォントは全てアウトライン化して下さい。
 
[写真データ(Photoshop)について ]
画像は基本的に実寸・解像度350〜400pixel/inchで処理して下さい。
カラーの場合、モードをCMYK、EPS形式にて保存して下さい。
使用予定サイズに対してむやみに大きな画像を使用しないで下さい。容量が大きくなり、正しい出力ができなくなる場合があります。
プロファイルの埋め込み、ハーフトーンスクリーン、トランスファ関数は全てオフにしてください。(正しい出力ができなくなる場合があります。)
 
[版下(Illustrator)データについて]
文字データはすべてアウトライン化して下さい。
不用なデータ(孤立点やアンカーポイント、アウトライン前のデータ及び不用な画像)などは必ず削除して下さい。
カラーパレットのRGBや、スポットカラー(特色インク)のカラー設定は使用しないで下さい。
オーバープリントは使用しないで下さい。
配置画像は埋め込みではなくリンクで配置して下さい。
使用している画像データは同一階層のフォルダに入れて下さい。
完全原稿として仕上がりの状態のプレビュープリントも付け加えて下さい。(カラーの原稿はカラープリントをお願いします。)
全てのデータ(配置画像含む)をCMYKで制作してください。(RGBデータは出力時に変色します)スポットカラーもCMYKにしてください。
2色印刷の場合は、プロセスカラー(CMYK)のうち2色で制作し、刷色をDIC等で指定してください。
1色印刷の場合は、スミ1色で制作し、刷色をDIC等で指定して下さい。
ディスプレイの色やプリンタ出力の色は、実際の印刷の色とは異なりますので、完全に印刷見本に色を合わせることはできません。シビアな色合わせが必要な場合には、インクジェットプルーフ色校正(有料)をお申し付け下さい。
 
[お願い]
複雑なマスク処理、グラデーションメッシュ、フィルタ、の多用はエラーの元となりますので、ご注意下さい。
配置画像は埋め込みではなくリンクで配置して下さい。
メディアは、CD-RかDVD-Rでお願いします。
データに不備があり、修正作業等が発生する場合は、別途費用が必要となることもございます。
 
以上の注意事項を守られていないデータにより、印刷事故が発生した場合の責任は負いかねます。お客様のご理解とご協力をお願いいたします。ご不明な点がございましたら、お問い合わせ下さい。
Copyright (C) 2010 Oz Printing All rights reserved.
このページのトップへ